カードローンの審査が甘い会社の見分け方

キャッシング会社によって審査の基準や金利はさまざまですが、基本的には審査が甘いと言われるカードローンは存在しないのです。すべての借入申込にはローン会社に沿った審査が行われます。

審査に通りやすいポイントを押さえることで結果的に借りやすいと言われているだけです。

特にアルバイトやパートで働いていて収入が低いけれどお金を借りたいなどといった場合は、審査が甘く緩い会社を選ぶことでずっとお金が借りやすくなります。

しかし一言に会社といってもたくさんあり、見分けるのは難しいという人もいるでしょう。

そこで今回は会社の見分け方について、何点か特徴を挙げてご紹介します。今の収入でキャッシングの審査に通るかなど、お金を借りることに不安がある人は会社選びの参考にしてみてください。

審査通過率が高い所は審査が甘いと言える

とりわけ、はじめてお金を借りる場合、名の知れたところなら安心と、アコムやアイフルなどの大手消費者金融を選ぶ人も少なくないでしょう。

全国的に名の通った大手消費者金融に限っては、審査に通る確率を公式のデータで見られるようになっています。

具体的には申し込み数に対してどれくらいの人が審査に通っているかがパーセンテージで表されています。申し込み数に対して約50%とほぼ半分の人が通っているのであれば、比較的通りやすいと言えます。

自分が利用しようと思っているキャッシング会社が通りやすいかどうかを知ることができますので、申し込む前に一度公式のデータでチェックしてみるのも良いかもしれません。

会社によっては何万人と申し込み者がいるにもかかわらず、通過率が20%にも満たないなど大変低いところもあります。もし借り入れを検討していた会社の通過率が低い場合は申し込んでも通らないかもしれません。

お金の借りやすさを考慮して、別の会社を検討する必要も出てくるでしょう。検討し直す際の会社選びにも公式データが参考になります。こちらの「審査が甘いカードローン」でも紹介されていますが公式データを参考にして、審査に通りやすい会社に申し込むと良いです。

審査通過率
アコム 48.9%
アイフル 44.3%
プロミス 42.6%
レイクALSA 34.7%

大手のカードローンや消費者金融が一番審査が通る可能性が高い

金利が高くても良いので、とにかくお金が借りやすいカードローンを選びたいという人は、とりあえずは大手の消費者金融に申込みをしてみるというのが、ひとつのポイントです。

大手の消費者金融ならば、銀行カードローンと比べても審査通過率が高いので可決される可能性のほうが高いでしょう。しかし、否決だった場合には、その理由をしっかりと考えてから、その後の対策を考えることが重要です。

大手の消費者金融は、個人信用情報に傷がついていても、パート・アルバイトで収入が低くても、借りられる可能性が高いカードローンです。

さらに、大手3社では「30日間無利息」というサービスも付いています。一般的に、借りやすいと言われているキャッシング業者は、この大手の消費者金融となるでしょう。

比較サイトなどでも、借りやすい業者のランキングなどがあれば、必ずといってよいほど大手の消費者金融が上位に来ています。

大手の消費者金融の審査に通らないような人は、ブラックリストに載ってしまっている人か、多重債務者の人か、そこまではいっていなくても過去に延滞を繰り返していて信用情報の傷が大きい人となるでしょう。

このような人は、次に申込みをする金融業者を探す前に、債務整理も検討してみたほうがよいという意見もあります。

かなりリスクの高い状態なので、借金を増やすよりも、弁護士の力を借りて減らすことを考えてみるのもよいかもしれません。

中小規模のカードローンや消費者金融の審査はどうなのか?

中小規模の消費者金融で借りることを考えている人は、ブラックリストに載っているなどの事情があって、大手の審査には通らないような人が多いでしょう。

中小規模の消費者金融には悪質な業者も混じっているので、しっかりと信頼できる業者を選ぶことも重要になります。

「審査なしで100万円貸します」といったようなうますぎる宣伝をしている業者は、高い確率で闇金なので、手を出さないのが無難です。

携帯電話だけで営業をしている業者は高い確率で違法業者なので、こちらも手を出さないようにしておきましょう。

正規の業者では、しっかりと返済能力があるかどうかの審査が行われます。過去に自己破産をしていても、3年ほど経過していて、現在は安定した収入がある人は、中小規模の業者からならば借りられる可能性があります。

街金と呼ばれる業者では、ホームページを持っておらず、店舗で直接会って相談をしながら融資をするのかどうかを決めるというようなケースもあります。

直接会うということは手間ですが、きちんとした服装で訪れて、礼儀作法などにも気をつけておけば、信用を上げることができ、属性が悪い人でも審査に通りやすくなるというメリットもあります。

顔が見えない相手にお金を貸すよりは、直接会って話をしたほうがいくらか信用が上がることは確かなようです。

中小規模の業者はとてもたくさんありますので、インターネットの口コミなどを参考にしながら、自分の属性でも通るかどうかを判断し、申込みをしてみましょう。

アルバイトやパートでも定期的な収入があればよい

お金を借りるからには返済能力が必要ですが、雇用形態が正社員じゃないと審査に通らないということはありません。

アルバイトやパートで働いていて、月数万円でも定期的に収入があればお金を借りることができます。借りやすい会社を選ぶ際には、公式ホームページなどに「アルバイトやパートでも借りられます」などといった文言のある会社を選ぶとよいでしょう。

大手のアコムやプロミス、アイフル、レイクALSAといったところはパートやアルバイトでも借りることはできます。

ただし、会社によっては支払いの能力を証明するために収入証明書や本人確認書類の提出を求められる場合があります。この際、金額が正社員並みに大きくなくても毎月安定した収入があれば問題ありません。

借入希望金額が50万円以上が必要といった高額でない場合は収入証明書などの提出が不要で済むこともあります。

借入希望金額が低いほど審査の基準が甘いので、通りやすさで言えば必要最低限の金額で利用申し込みすることをおすすめします。

できるだけ低金利で借りられるかもポイント

審査が甘い内容とは異なりますが金利についても触れておきます。

お金を借りると金利が付いて回りますが、会社によっては高いところもあれば低いところもあります。

同額を借りても金利が高いほど、返済の際の金額も高くなります。したがって低金利で借りられる方が、返済もしやすいというわけです。

正社員で毎月の給料には役職手当も付くなど、収入が高い場合は多少金利が高くても気にしないという人もいるかもしれません。

しかしアルバイトやパートで月々の収入は安定しているが毎月の給料は十万円ちょっとであるなど、収入の金額が高くないと借りるのは厳しくなります。借りた額以上に返済額が大きく膨れ上がってしまうからです。

金利を無視して高金利で借りると返済ができなくなってしまうかもしれないため、とりわけ収入が低い場合は金利を無視した会社選びはおすすめしません。

返済の面もきちんと考慮して借りやすさを考えると、低金利の会社を選ぶことが望ましいでしょう。

そこでおすすめなのが無利息期間があるカードローンです。このサイトで紹介している「プロミス」「アコム」「アイフル」「レイクALSA」は30日間の無利息期間があるので30日間は利息がかかりません。極端な話、30日以内に返済すれば元本だけですみます。かなりお得なので頭においておいてください。

理想的なのは銀行カードローン!審査の甘さはどうなの?

銀行カードローンは金利が低いだけでなく、ATM手数料無料などのお得なサービスを展開しているところが多いです。ネット銀行カードローンなどは、基本的にコンビニATMの手数料が完全に無料となっています。

しかし、サービスが充実していて、金利まで低いのですから、競争率が高く、厳しい審査がされることになります。

自分の属性を考えてみて、銀行カードローンで可決される可能性があると感じたら、1社くらいは申込みをしてみるのも良いでしょう。

しかし、すぐにお金を借りたいという人は、審査で2日~3日程度かかるというのはタイムロスとなります。急いでいる人は、即日で審査の結果が出る銀行カードローンに申込みをしましょう。